読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさひん日記

高校生の趣味ブログ。1日1記事目標。時間も気にせずゆっくりしていってね(*‘∀‘)

フレンドリーな部活動の作り方

ボールを打っていたらいつの間にか春が来て、新入部員が入ってきました!(笑)

早い子は、春休みから練習に来ています。

頑張るねぇ~!

 

せっかくだから、後輩と仲良くなりたい!先輩とお話ししたい!

そう思える、フレンドリーな部活動にしたくないですか?

練習が辛い時も応援してくれる仲間がいれば、頑張れることもあります。

因みにうちの部活は、顧問に仲が良すぎることを注意されるほど仲がいいです ( ´∀` )

そしてなぜか最近は、学年を超えて肩を組みあっております。 

 

なぜそんなに仲がいいの??

 

一緒にフレンドリーな部活の作り方を考えていきましょう!

 

 

 【目次】

 

 

面倒な上下関係

部活動に付き物の上下関係。

クラブならそんなに意識することもないのに、「〇〇先輩」と言わないといけなかったり、敬語を使わないといけなかったり…。

めんどくさい、取り払いましょう!…ってのは無理なので、慣れるしかないです。

 

でも会社じゃないので、丁寧すぎる必要はありません!

丁寧語で十分だと思います。

必要なのは、先輩を尊敬する気持ちだけでいいのです。

 

 

会話が一番大切

尊敬する気持ちは大事ですが、お互いにめちゃくちゃ気を使う必要はありません。

お互い話したりしたいと思っているはずなので、相手の顔色を見ず、どんどん話しかけてください。

後輩は部活や学校のことなど色々不安なはずなので、話しかけてくれると安心するし、何か分からないことがあったら気軽に先輩に聞いていいんだな、と思ってくれます。

また、後輩は最初に優しくしてくれた先輩に次も頼ろうとします。

会話の積み重ねで、お互い仲良くなれます。

 

私の学年はおとなしいタイプの子ばかりで、先輩にめちゃくちゃ気を使っていました。

先輩の顔色を見て行動して、なぜかピリピリしてる会話のない部活動…。

先輩と雑談ができるようになったのは、引退間近…(苦笑)

私みたいに、先輩と話してみたかったなぁーで終わらないでほしいですね。

 

 

なめる、なめられる

仲良くしたら、後輩が先輩をなめる。

意外とよくあることですね。

 

部活の種目が上手だったら、なめられることはないのかもしれませんが、そううまくいかないこともあります。

実際、うちの部活は三年生より二年生の方がテニスが上手です…(笑)

 

でも先輩がしっかりけじめをつけていれば、なめられることはないと思います。

やるときはやる姿勢だとか。

そういうのを後輩にしっかり見せていきましょう。

 

またその種目は後輩より弱くても、部活や学校については先輩の方がよく知っているはずです。

独自のルールやこんな時はこうする、みたいな。

そういうところをしっかり教えたり、勉強面で優秀なことをアピールしてみたり、人間性だったり。

何か一つ光るものがあれば、大丈夫!

 

 

同じ目標を持つ者同士

先輩と後輩には、共通の目標があります。

それは同じ種目で勝つこと、上手になることです。

他人と同じ目標に向かって練習する機会って部活動しかないかもしれません。

目標が同じなので、団結力が生まれます。

よって、いいチームが出来上がるのです!

 

 

敵も同じ

因みに敵も同じだったりします。

毎日部活でぎっしりの予定表を渡してくるあの人。

限界ぎりぎりを攻めてくるあの人。

愚痴や泣き言を言い合える人なんて、部活のメンバーくらいじゃないですか^^

 

 

まとめ

フレンドリーって、ただ仲がいいわけではなく、団結力もあります。

一緒に何十時間も過ごしてきたからこそ、分かりあえることもある。

新一年生とも、短い期間だけどそんな関係になれたらいいなぁ~

 

 

ではでは、

あさひでした~(´-ω-`)

たけぴータグに参加する!

f:id:asahi-7u:20170314204653j:plain

 画像:たけぴーのーとからお借りしました

 

たけぴータグ(タグゲーム)をやってみるよ!

ご指名いただきました、旭です!

たけぴーさんが「たけぴータグ」をしてほしいっぽいのでやります←

べ、別に楽しそうとか思ったわけじゃないんだからね!?

 

たけぴーさんについて

 まず「たけぴータグ」というタグの質問を考えた、たけぴーさんを紹介します。

 

Twitterでたまにお話しします。

私と年が近いこともあり、とても気軽に絡んでしまいます( ´艸`)

ブログの方は、ゲーム、ガジェットなど私が全く分からない分野のことを書いています。

 

これからもよろしくねっ^^

takepi-kakipi.hatenablog.com

 

 

ルール

チェーンメールのようなものなんですが、1人の人がテーマ(質問を)決めて答え、タグされさ人たちはテーマ(質問に)答えて、タグされた人はまた別の人にタグする感じで色んな人がつながっていくはずです。 うまくいけばですが(・∀・)

タグゲーム開催中・「タケピータグ」 - たけぴーのーと

※タグを回す人は2人以上にタグをまわしてくださいな。

※強制ではないですけど、できたらやってくださいな!!!

 

ラインのタイムラインで回ってくるようなやつですね。

100の質問、みたいな。

 

因みに質問は5問しかありませんw

 

 

では、早速!

 

 

質問

過去記事と被るような気もする…気にしない気にしない

 

ブログ名の由来

そのままです。私の日記帳。

因みに女子高生を売りにはしておりません…なんかごめんなさい…

もうすぐ卒業だし…。

 

はてなブログを始めたきっかけ

ある人にブログ始めない…?と言われ、タイピング練習ついでに始めました。

あとは自分の知識を長文(Twitterでは言い切れないような)が書ける場所がほしかったこと。

そして、たくさんの人にそれを読んでもらいたかった。

 

お気に入りの物を3つ紹介

1つ目。

ヨネックスのテニスシューズが気に入ってます。

レビューを書こうと思いながら書けていない…。

ちょー派手w

 

2つ目。

友達が誕生日にくれた筆箱がなかなか気に入っています。

現在学校にお留守番してるから、写真がない。

背景薄ーいピンクに、ミッキー、ミニーちゃんの絵が入ってる。

可愛すぎない可愛さ。

友達センスある。

 

3つ目。

赤色の2DS。

昔から赤色のDSが欲しかった。

小学の時の友達が赤色が好きで、その子が「お母さんが探して買ってくれたんだ」と赤色のDSを自慢してきたのをよく覚えている。

その時から、私が買う時も赤色にしようと決めてたの。 

asahi-7.hateblo.jp

 

 

嫌いな食べ物

ゴーヤが苦手。

給食で沖縄料理が出た時、代わりに食べてくれる友達を探し回った記憶が…。

あと、食べられない野菜、果物がたくさんあるから辛い。

 

人に勧めたい映画1つ紹介

聲の形(こえのかたち)

そもそも私、そんなに映画に行かないから、知っている作品のレパートリーが少ないんだよねぇ。

京都アニメーションの作品で、絵がとても綺麗だった。

あ、そうそう、私作品の絵を見に行ったようなものだから…。

絵の綺麗さに感動した!←

 

今年度はポケモン見に行きます!!!

 

映画『聲の形』公式サイト

 

asahi-7.hateblo.jp

 

 

指名

さて、そうするかなぁ~

やりたい!って方はどんどんどうぞ!なはず。

 

 

1人目。おなじみにゅんくん。

めっちゃいい子。

nyunkun.hatenablog.com

 

 

2人目、なべっちさん。

ブログは可愛い猫の写真を撮って、毎日載せてます。

因みに、毎月のお題(詳しくはカテゴリ、にゅん君との企画 参照)で今度の記事の出題者。

しかしいつ更新することやら…(;´∀`)

vnabe.hateblo.jp

 

 

感想

こういうのって気楽に取り組めていいよね。

あとしばらく記事書いてない人が、また書き始めるきっかけになったらいいな。

 

 

ではでは、

あさひでした~(●´ω`●)

後悔しないために、部活動に座学を取り入れてほしい

f:id:asahi-7u:20160901231928j:plain

 

負けた理由が分からない

昨日、テニスの大会で少し悔しい思いをした。

試合を終えた後なぜ負けたのか考えてみたが、全く分からない。

 

相手の打ったボールをコントロールして、しっかり返すことが出来なかったから負けた。

そのくらい知っている。

しかし、なぜそれが出来なかったのかが分からない。

だから顧問の先生に聞いた。

 

顧問の先生は相手のサーブの特徴について教えてくれた。

相手のサーブが左回転だったらしい。

因みに、ほとんどのプレイヤーは右回転のサーブを打つ。

 

言われてみればそうだ、道理で打ちづらいはずだ。

しかし、なぜそんなことに気付かなかったんだろうか。

それは、サーブの回転について知らなかったからだ。

 

その時、私は思った。

部活動に座学を取り入れるべきだ、と。

 

 

スポーツも頭を使わないと

ブラック企業でも耐えられる根性を身に着けるために、運動部に入ったわけじゃない。

スポーツを楽しみたい、もっとうまくなりたい、そんな気持ちで運動部に入ったあなたなら、今よりもっと上手になりたいのでは?

 

そんなあなたに朗報。

 

頭を使おう。頭を使ってスポーツをしたら、もっとうまくなるはずだ。

 

 

突然だが、スポーツ雑誌を買ったことがあるか?

今世の中にある、そのスポーツの情報をできるだけ集めてみよう。

 

スポーツ雑誌はすごい…買う価値があると思う。

情報も古くならないから中古本で十分だ…!

その本で、今熱中しているスポーツの仕組みについてたくさん知るといい。

 

例えばフォーメーション。

フォーメーションは、自分が有利に動けるようになっている。

そのスポーツのフォーメーションをたくさん知っているプレイヤーの方が、優勝までの道のりは容易く短い(ような気がする)。

つまり、そのスポーツについての情報をたくさん持っている方が有利なのだ。

 

テニスを例に挙げよう。

テニスはある程度、ボールを打つ場所、形が決まっている。

バックハンド側にショートボールが来たらストレート、みたいな感じね。

そのフォーメーション通りに打つことで、楽にポイントを得ることが出来る。

 

きっと錦織選手は、テニスのフォーメーションが体に刻まれているんだろうなぁ。

 

 

情報を得る手段

情報を集めようと思えばいくらでも集められる現代社会、手段なんていくらでもあるはずだ。

しかし、自分で情報を得ようとすると内容が偏ってしまう可能性がある。

 

だから私は独学ではなく、部活動に座学を取り入れるべきだと思うのだ。

もちろん、独学もいいけどね。

 

 

部活動に座学を取り入れるべき

部活動は、完全に学校教員、部会コーチのボランティアで成り立っている。

だから、普段の活動を見るのが精一杯なのは分かっている。

しかし、そこに座学を取り入れることによって得られる効果は大きいだろう。

もしかしたら、一回の練習よりためになり、一回り成長できるかもしれない。

 

知識がなくて、できないことも多い。

知らなくてできないから、試合で不安になることもある。

 知ってたら、どれだけ試合で結果を出せただろうか。

後で後悔したって遅いのだ。

 

実際に座学を行っている部活動も、ないことはないらしい。

その成果が出ているのかは分からないが、やった方が上手くなるに決まってる。

 

 

少し勉強しよう

昨日の試合後、少しテニスについて勉強しようと思った。

もうテニスをやるのも数か月で、もしかしたら役に立たないかもしれないけれど。

まぁ後輩に教えることだってできるわけだし。

 

もちろん、理論だけじゃスポーツは勝てない。

練習しなかったら、どれだけフォーメーションを頭に叩き込んだって勝てないよ。

当り前だけど。

だからと言って、身の回りの人から学べることには限りがある。

 

先生を世界に持つといい。

世界で戦っている選手やインターネットの向こう側、グーグル先生でもいいだろう。

知識を踏まえたうえでする練習は、今までの練習より有意義なものになるだろう…!

 

 

部活動は時間がない

高校から新しいスポーツを始めたとして、高校でそのスポーツをできるのは長くて2,5年、短かったら2年間。

部活動には時間がないのだ。

その短い時間の中で、どれだけ他人より成長できるかが勝負なのである。

引退間近になって、やっと強くなったのではもったいない。

どうせなら、早くうまくなって長い間活躍したいよね。

 

そんなあなたにはぜひそのスポーツについて、たくさん学んでほしい

きっとみんなより上手になるよ、テクニシャンになれるよ。

 

もうあと一か月あったらこれができるようになってたのに…。

あの試合でこのことを知っていれば…。

タラレバ娘じゃないけど、後悔してほしくないな。

 

今は辛いかもしれないけど、そこで踏ん張るんだよ。

頑張った分だけ、きっといいことあるから。

 

 

 

…私もまだ部活引退してないけどね!!

早く引退したい!!

 

ではでは、あさひでした!

完食後の写真は最高の食レポ

f:id:asahi-7u:20170308124944p:plain

 

半分食レポのために行った外食なら、食べる前に気合を入れた一枚の写真。

そして食べてる途中に何枚かパシャリ。

しっかり味わって完食。

そんな感じだろうか。

 

また、友達との外食や楽しみにしていたあの一品目当ての外食、また何かの記念日。

食事を楽しむための外食で、夢中で食べたあとに

 

…あっ写真撮るの忘れてた!!

 

そんな経験、ないだろうか。

 

 

先日友達が「いつもご飯食べに来ても、写真を撮り忘れてしまう。食べた後に気付く。美味しかった。」と呟き、完食したお皿を写真に撮り載せていた。

本人は手を付けていない料理を撮って載せたかっただろうが、私は完食した皿を見て、「写真撮るのも忘れるくらいおいしかったんだな、楽しい食事だったんだな!」って思ったよ。

 

だから、完食写真は最高の食レポだなって思った。

お店の人は「美味しかった」のひと言が聴きたかったわけだし。

 

…どんな料理だったのか気になるけど(笑)

 

 

あさひでした(●´ω`●)

ゲームなんて一生しないと思ってた

私の両親は、子供にゲーム機を与えることに反対だった

だから家には、DSもWiiもなかった。

「大人になったら欲しいだけ買いなさい」と言われていた。

 

小学生だった私は、友達の家に当然のようにあるゲーム機が羨ましかったし、ゲーム機を当たり前のようにして使いこなす友達のこともめちゃくちゃ羨ましかった。

あと、遊びに行ったら必ずゲームを譲ってくれる友達の余裕も。

 

当時は何で私の両親はゲームを与えることに反対なのか分からなかったし、何で他の子の親と意見が違うのかも分からなかった。

しかし、親の言うことは絶対だった。

反論、反抗するのが怖かった。今でも怖いが。

親の言うことだけを聞くいい子ちゃんだからね…たまに聞こえないふりするけど。

 

因みに「何で?」って聞いても親は「視力が落ちるから」としか言わなかった。

 

金銭感覚が全くない私は、きっとゲーム機を買ってしまったら家が潰れるんだろうな…と思っていた。

今考えたらあり得ないことだけど、まだ小学生だったしゲーム機の値段なんて知らなかったからね…(笑)

 

 

しかし、ついにDSを買ってしまった

悩んで悩んで、いろんな人に意見を聞いて、たくさん調べた。

しかし困ったことに、今までの人生でゲームに関わってきた時間が短すぎて、ゲーム用語が全く分からない。

いくら調べても、単語の意味が分からないから調べ事がなかなか進まない。

 

そんな私に、細かく丁寧に説明してくれたリア友、ネッ友には本当に感謝である。

 

あと、購入することについて親には特に言っていない。

自分の小遣い、バイト代で買ったものだから文句を言われる筋合いはない。

 

妹には言ってある。

そしてたまに貸してあげる約束もした。

 多分、妹の方がプレイ時間長いぞ…

 

 

もうゲームなんて一生しないと思っていた

だってゲームって子供がするものでしょ?

そんな固定概念があった。

 

しかし、ある方のツイキャスポケモンをやっているのを見て、どうしてもやりたくなってしまった…!

最近のポケモンは頭撫でたり、おやつあげれるのか…!と感心。

そしてポケモンをしたいがために、本体を購入…

 

ポチったあとは「今まで羨ましかったものがやっと手に入る」というワクワクドキドキでいっぱいだった!

いやーあのワクワクはヤバいね!!

部活も上の空だったわ~(苦笑)

 

 

購入後

私の性格上、一気にやりこんでその後はぱったり熱が冷めてしまうような気がしていた。

少なくともモンストとツムツムはそうだった…。

 

しかし、いざやってみるとストーリーがある為、強制的に止められる場面がしょっちゅう出てくる。

最初はそれに少し苛立ちを感じたが、そのうち慣れてきて、今は無事飽きずに熱が完全に冷めることもなく、ボチボチやっている。

そして、モンストとは違って自分のペースで進められるのがとても魅力的である。

いつまでも待ってくれる。

モンストはリアルタイムで出現するステージが決まっているから、ゲームに予定を合わせなければならなかった。

DSとかってそういうところいいよね。

 

 

買ったもの

f:id:asahi-7u:20170307185553j:plain

(なぜどう森をセンターにもってきてしまったのか…)

 

ニンテンドー2DS|Nintendo

『ポケットモンスター サン・ムーン』公式サイト

 

 

ちょっと前にCMでやってた2DS。

3DSは目が疲れるし、値段も少し高いから2DSで十分っぽい。

個人的にデザインが気に食わない…

折り畳みができるってのに憧れてたから…。

しかし、安い←

 

そして、どうしてもやりたかったポケモンね。

あと今日、中古でどうぶつの森(初期のやつ)を買ってしまった。

私がDSがほしかった時代は、ソフトと言ったら「ポケモン」「マリオカート」「どうぶつの森」「トモダチコレクション」「クッキングママ」。

だから、この5つはしたいなーと思ってたんだけど、改めてゲームの内容とか見ると、昔はめちゃくちゃ面白そうだったのに、今見るとそんなに魅力的じゃなかったという…。

これも成長なんだろうか…(苦笑)

 

 

驚いたこと

f:id:asahi-7u:20170307190759j:plain

見た瞬間

あ、マジすか…憧れの紙の取説…。

 

f:id:asahi-7u:20170307190805j:plain

どうぶつの森は紙の取説で安心したわ…(笑)

そしてどう森は2005年11月下旬発売で、既に11年以上経っているという事実…。

 

 

まとめ

 ゲームを買うということは、もしかしたら私の一つの夢だったのかもしれない。

小さいころ羨ましくてたまらなかったゲームも、手に入れてみたら案外そんなにいいものじゃなかったり…(笑)

まぁボチボチやっていこうかな。

 

 

 

ではでは、

あさひでした~(●´ω`●)