あさひん日記

高校生の趣味ブログ。時間も気にせずゆっくりしていってね(*‘∀‘)

産直で意気投合!?とれたてイチゴは食後にどうぞっ(^^♪

 
スポンサーリンク

香川県には産直(産地直送)と呼ばれる店がいくつかあります。

朝、産直に行くととても新鮮な野菜や果物、花が置いてあります。

そしてそこは、地域の人との交流の場であり、地産地消を促す場ともなっています!

 

部活から帰ると、大量のイチゴが机の上にありました!

こんな量どうしたのかと思ったら、産直で買ったそうです。

 

f:id:asahi-7u:20160619172916j:plain

 

見つけたのがこのイチゴ。

一般的に売られているものよりは、一粒一粒は一回り二回り小さいです。

でも800グラムで250円!!安すぎる!!

でも最初は、1600グラムで500円だったそう。

いやいや、そんなの食べきれん!w

 

近所の人にでもおそそわけしたのかな?と思って聞いてみると。

 

「近くにおった人と意気投合して、半分こしたんよ~」

 

えぇ(゚д゚)!

 

その考えはなかった…!

 

どうやら、「このイチゴきれいで美味しそうですよね~」「でもこんなに量いりませんよね~」「分けませんか?」って流れで、そうなったらしい。

 

母の恐るべきコミュ力、そして行動力。

そして分けた相手の臨機応変、対応力…。

人は支えられながら生きていく、って言いますけどこのことでしょうか。

産直だからこそ出来ることであり、地元の人が集まる場所であり、また地元の人に愛されている店だからこそできることだな~と感心しました。

 

だってスーパーだったらこんな事絶対にありませんよ!

打っているパックのイチゴを半分越しますか?

いくら地元で、周辺の人から好まれているスーパーとは言えど、温かみがありません。

皆買う物を買って用が済んだら帰ります。

スーパーなら、まだましな方かもしれません。

大型ショッピングモールに付録のように存在する食材売り場なら、人の声も聴かずに買い物ができてしまいます。

レジもセルフでやってしまえます。

冷たいです。なんだか寂しくないですか?

 

こんな現代に必要なのは、温かみだと思います(*´ω`)

そしてその温かみを感じれる産直は、とても素敵だと思いました。

これからもその温かみを失うことなく、愛されるお店であってほしいですね!

 

 

ではでは、

あさひでした('ω')ノ