あさひん日記

高校生の趣味ブログ。時間も気にせずゆっくりしていってね(*‘∀‘)

「普通」が分からなくなったから、一般常識について考えてみた

f:id:asahi-7u:20160620003613p:plain

 

部活に行ったら友達に言われた。

「最近部活来るん遅いけんもう少し早くきなよ。」

私は早く来たつもりだった。

きちんと10分前行動はしていた。

なのに注意された。

 

友達に「いつも通り普通に学校に来る時間に学校に行ったらいいよ。」と聞いていた。

私は、「いつも通り普通に学校に行く時間」に学校に行った。

 

部活が始まる時間は8時20分。

8時10分には着いておこうと家を出たら、8時8分に学校に着いた。

私は満足していた。

機嫌の良いまま部室に向かったらもう誰もいなかった。

訳が分からなかった。

 

ここで気が付いた。

そもそも「いつも通り」とは、何時何分がいつも通りなのか。

そして「普通」とは何なのか。

具体的な数字がなかったのだ。

 

しかし、私が今更「具体的な数字を入れずに、曖昧な表現で指示を出したあなたが悪い」と言ったところで、悪者扱いされるだけなのである。

理不尽な世の中を生きていくのは、とても難しい。

 

友達の言う「いつも通り」とは、何時何分のことを指すのだろうか。

私は、今までの感覚(少なくともここ数日)での「いつも通り」は8時00分~8時10分のことだと思っていた。

しかし、8時8分は「いつも通り」の時間ではなかった。

矛盾している。

 

もう一つ、「普通」とは何なのか。

「普通」という単語は、私が言葉の中で二番目に嫌いな単語である。

(因みに一番嫌いなのは、頑張っているのに「頑張れ」と言われること。)

私にとっての「普通」とあなたにとっての「普通」は違うかもしれない。

何が基準で、何が普通で、何が一般的なのかわからない。

あなたにはなぜその「普通」が分かるの?と問いたいくらいだ。

そして何故私以外の部員は、その「普通」が分かったのだろうか。

疑問を抱かなかったのだろうか。

これまた不思議である。

 

 

一般常識や固定概念に囚われず、自分の意見を持つことが大事だ、と最近よく聞く。

しかし、自分の意見と人の意見が食い違っていたら、自分の意見があっていたとしても人の意見に賛成する。

反論したところで、また悪者扱いされるのである。

理解できない。

 

人の意見を尊重することはとても大切なことである。

しかし自分の意見を押し殺してまで尊重すべき意見は、実質どのくらいあるんだろう。

自分の意見を言えない人は、意見を言える人にうまく利用されてしまう。

Noと言えない日本人。そんな感じ。

 

意見があるのに言えないのはなぜだろう。

私の思っていることは絶対あの子より正しいし、間違っていないのに声が出ないのだ。

何故か言いたいことが、声にならない。

声が出ない、出す勇気がない。

意見を言ってしまった後、無視されたらどうしよう。

絶対そんなことあるはずがないのに、被害妄想が激しい。

 

そんなこと、ないですか?w

私だけですかね?