あさひん日記

高校生の趣味ブログ。時間も気にせずゆっくりしていってね(*‘∀‘)

味の画一化が進んでいないカレーと肉じゃが

 
スポンサーリンク

外食に出た時、注文することが一番怖いのがカレー。

理由は辛いから。

 

カレーが辛いのは当たり前ですが、辛さにもいろんな種類があり、タイプがあるのは誰もが知っていることでしょう。

しかし、目の前にある注文したカレーがどんな辛さなのかは本人も分かりません。

食べてみるまで知るすべもない。

そして辛さがある一定ラインを越えたら、食べられない人も出てくる。

また、注文した人とお店の思っている辛さが同じとは限らない。

 

もしお店側がカレーの辛さをレベルなどで表記することができても、どんな辛さなのか言葉や文字で表現することはなかなか難しいし、表現できたとしてもカレーに関して素人のお客さんがそれを理解してくれるかは分からない。

 

家で作った場合も、水分量だとかで何だかんだ味変わるしなぁ…。

これはカレーの専門家、カレーソムリエがいてもおかしくないぞ!

 

 

…と、そんなくだらんことを考えながらカレーを食べていました。

ほんと辛かった。

 

f:id:asahi-7u:20170725172135j:plain

 

 

辛いの、だめなんです。

「リンゴとはちみつとろ~りとけてるぅ」の甘口バーモンドカレーがいいな。

甘すぎるのも気持ち悪いけどね、そういう時はハヤシライスかシチューがいいね。

 

 

ふと思ったんですよ。

味の画一化が進んでいないのは、カレーと肉じゃがくらいなんじゃないかって。

 

和食は洋食に比べて、作った人の腕が料理を通して見えると言いますか、とにかく味が繊細です。

その中でも、家庭によって大幅に味が変わる料理の代表といえば、私の中では肉じゃがが断トツ1位なのです。

まず牛肉派と豚肉派に分かれ…味付けも全く違って…。

面白いほど違いが出てきそうだから、いろんな家庭の肉じゃがを持ち寄って試食会をしてみたいくらいです。

 

では、なぜ肉じゃがは味の画一化が進んでいないのでしょう。

私が考えるに、供応食でないこと、簡単に作れる割に最後の味付けに「しょうゆ、みりん、砂糖」と作る人の好みが出やすい調味料が使われていることがあると思います。

塩コショウで味付けする料理は、作る人によって味が変わることはほとんどない気がします。

しかし「しょうゆ、みりん、砂糖」は、甘めが好きだとか、味付けはしっかりした方が好きだとか、いろいろありますよね。

また、供応食でない(家庭料理)ということは家族以外の他人にふるまう機会がほとんどありません。

つまり、家庭の肉じゃがの味を他の家族と共有することが出来ないのです。

そして、肉じゃがは「同じレシピを見て作っても違う味になる」という不思議現象が起こりやすい気もします。

 

そんなこんなで、肉じゃがはいつまで経っても味の画一化が進みません。

いいことです。

 

 

まとめ

外食産業の発達化でほとんどの料理は味の画一化がどんどん進む一方で、辛さの種類、タイプがありすぎるカレーと諸事情で味が共有されない肉じゃがは、しばらくは様々な味が楽しめそうです。

 

その一品のおいしさの頂点を求め、誰もが美味しいというものを作ることもいいことですが、家庭の味を大事にすることも大切ですね。

 

 

ではでは、

あさひでした~(/・ω・)/