あさひん日記

高校生の趣味ブログ。時間も気にせずゆっくりしていってね(*‘∀‘)

食生活アドバイザー3級は独学で合格できる検定試験である!

 
スポンサーリンク

食生活アドバイザー3級 、通称「食アド」

食の1つの分野を深く勉強するのではなく、食に関する知識を幅広く勉強し、「食生活」について本当に必要な情報を提供できる人になる、「食のスペシャリスト」になる、そんな検定です。

 

最近人気急上昇中の検定であり、「ぜひ取得したい!」という人も増えているのではないでしょうか?

しかし3級(最下級)だからといって、一般の人が今持っている知識だけで合格するような検定ではありません。

 

 ただ、真面目に勉強すれば絶対合格できる検定です!

 

今回は私の経験をもとに「独学で合格できる検定なのか?」「どんな勉強をすればいいのか?」について、書いていこうと思います!

 

「独学で挑戦しようと思っている人」「試験日がもうすぐで焦っている人」に読んでほしい。

 

 

 

 

「食アド3級」は本当に独学で合格することができるのか?

私の答えは「合格することができる」ですね、100% !

もちろん勉強した人に限りますよ。

 

その根拠は以下二つです。

 

  • 公式テキストに書いていないことは試験に出ないから
  • 試験問題は全くひねりがなく、知識を持っているかを確認するだけだから 

 

 

勉強法

  1. テキストの太文字とその意味と、文章中のキーワードになっている単語を覚える
  2. 過去問を解く

 

普通の勉強と変わりませんね。

私はこの勉強法が合格の最短道だと考えています。

先ほど書いたとおり、試験問題には全くひねりがなく、公式テキストに載っていないことは出題されないからです。

 

 

過去問題は願書請求ページから請求できます。

今のところ問題集は販売されておらず、公式の合格講座を受講し特典としてもらうか、ユーキャン(通信講座)を受講し購入するという形になるようです。

公式テキストの章末についている練習問題と請求できる過去問題だけで、十分足りると思います。

 

私の受けた試験には、過去問と同じ問題が何問もありました。

だから過去問がすらすら解けるようなら、合格は確実でしょう。

 

しかし過去問題の答えを覚えただけでは、試験当日に違う切り口で聞かれた時に答えることが出来ません。

しっかり問題の意味、どうしてその答えになるのかを考えながら解くことで、正解する問題数が増えます。

 

使用するのは公式テキストです。

まめに開いて復習しましょう!

 

詳しい勉強法に関しては、今度書こうと思います!

 

f:id:asahi-7u:20170718202439j:plain

 

  

勉強時間

一般的に1~3か月と言われていますが、経験などによって個人差があります。

栄養士、管理栄養士、調理師などを取得、勉強している人なら、1週間あれば十分かもしれませんね。

主婦だと経験上知っていることもいくつかあると思うので、1か月の集中勉強でも…?

 

普段からコツコツ勉強するのが一番です^^

 

私は食物調理技術検定1級と並行して勉強していて、その検定と範囲がかぶっていた所が何か所かあったので、1からの勉強ではありませんでした。

1か月前くらいからペラペラ本をめくって少しずつ暗記し、試験前日は1日中過去問を解きながら復習…という感じで勉強しました。

 

因みに60%正解で合格ですが、私は86%正解で7問ミス(50問中)でした!

 

 

まとめ

勉強すれば合格でき、沢山覚えれば覚えるほど高得点が取れます!

何か月も勉強し続ける必要はなく、短期間の集中勉強で合格でき、レベルは易しい方だと思います。

しかし、勉強しないと確実に不合格になります。

短期間集中でいいので勉強してください。

 

せっかく受験するなら、一発合格しましょう!

 

 

その他

検定試験1週間後には、模範解答が公開されますよ~

 

 

注意

今回は検定に合格することを第一に考えた記事です。

そのため検定範囲の内容を、しっかりと身に着けることをあまり考えていません。

もちろん知識を身に着けなければ普段活かすことが出来ませんが、資格を持っているだけで有利なこともあります。

検定範囲の内容をしっかり理解し合格するのが理想的ですが、資格を取った後で内容を理解することも可能です。

 

検定を受けること、日付が決まっている以上、とにかく今は「合格」を優先させましょう!

 

 

こちらもどうぞ

 

asahi-7.hateblo.jp

 

 

asahi-7.hateblo.jp