あさひん日記

時間も気にせずゆっくりしていってね(*‘∀‘)

予定なく1週間が過ぎてわかったことは、常に受け身姿勢だったということ

 
スポンサーリンク


 何もせず今日がもう終わろうとしている。「暇だなぁ」と感じる日が7日間以上続いていることに気付いたから、抹茶アイスを食べながら手帳が真っ白な1週間を振り返ってみた。今日やったことといえば…読書、Twitter、LINEのみ。次の予定がある日まで約1週間あるが、その1週間も終えた7日間のように過ごすのだろうか。

 明日も特に用事がないから何をして過ごそうか考えてみたが、読書、ブログ、勉強、LINE、Twitter、タイピング練習、昼寝、家事、落書き 以外思いつかなかった。つまり特に予定がない日は、その9つの選択肢の中からやりたいことを選んで1日を過ごしていたわけだ。この選択肢の中から毎日どれかを選択して、予定のある日までの時間をつぶしていくのだろうか。い、いやだ…。

 そこで、そんな日にすることの選択肢を増やすべく妹の行動を参考にしようと観察した。彼女の部屋からページを開く音がする。新聞に何かを書き込んでいた。新聞に載っている学生向けの問題を解いていたらしい。なんてやつだ。しかし私には新聞の問題を解くなんて発想がなかったからとても驚いた。うーむ。

 そう考えると私はずいぶんと受け身姿勢ではないか。考えれば家にだってやる事はいくらでもある…はず。筋トレとかエアロバイクとか…?「家にいてもすることなんてないよ」と言いながら、家でできること全てをやっているわけではなかった。「することがない」と言って外出することもあったが、ある意味それは家の中でできることを発見することから逃げていただけではないのだろうか。確かに、外に出た方がたくさんの刺激を受けることができ楽しいが、それはあくまで刺激を受けていただけにすぎない。きっと好奇心の塊というやつは、提示された楽しそうなことをやるのではなく、自分から楽しそうなことを見つけ、やってみることを言うのだろう。

 花粉症で外に出ることができない今、家でできる楽しい事を見つけるチャンスかもしれないと思った今日この頃。他にも言いたいことがあった気がするけど忘れた。

 

外に出たいよーー…(´-ω-`)