あさひん日記

時間も気にせずゆっくりしていってね(*‘∀‘)

北浜アリーのカフェ、キッシュ・焼き菓子専門店 206(ツマム)に行ってきた!

 
スポンサーリンク

206

 JR高松駅から徒歩10分。昔からの港町、高松市北浜町に 北浜alley という倉庫をレストランやカフェ、雑貨屋に改装したお店が集まっている場所があります。その中の1つ、キッシュ・焼き菓子専門店206(ツマム)というお店に行ってきました!

 キッシュと焼き菓子が専門ということで…今回注文した「讃岐にんじんのきんぴらキッシュ」と「カヌレ・ド・ボルドー」を紹介します!

 

キッシュ

 キッシュの種類は20種類以上あり、四国の食材を使うことにこだわって作っているそうです。今回注文した「讃岐にんじんのきんぴらキッシュ」は、にんじん独特の甘さをしっかり味わえるシンプルなキッシュでした。おかずパン感覚で軽く食べられるので、朝食によさそうです(*‘ω‘ *) 

 

f:id:asahi-7u:20180320174749j:plain

 

 ホロっと砕けるような食感のタルト生地とは違って、タルト生地より少し硬めのサクサクした食感であるブリゼ生地なので、ナイフで切っても崩れることなく、パクパクっといただくことができました。ほんとに生地がサクサク!

 

f:id:asahi-7u:20180320174753j:plain

 

 中もにんじんたっぷりです!にんじん以外見当たらなかった気がするのは、気のせいかな…?笑

 今回紹介したもの以外に、イチゴを使ったスイーツ風のキッシュ、「オリーブ豚の肉うどんキッシュ」のようなしっかりとご飯になるようなもの等があります。お店に行くたびに、違うキッシュを注文したくなりますね!

 

カヌレ・ド・ボルドー

 フランスの伝統的な焼き菓子、カヌレの正式名称はカヌレ・ド・ボルドーというそうです。綺麗なカラメル色で、形もかわいい…実は、人生初のカヌレでした!勝手にケーキのしっとりしたものなのかな?と想像していましたが、全く違いました(笑)

 外側はカリッとパリッと…(ナ、ナイフが刺さらないだと…?!)ちょっと固めでした。しかしその壁を超えると、プリンのようなカスタード生地が出てきました。スプーンですくえそうなほどプルプル! 食感が楽しいデザートでした。

 

f:id:asahi-7u:20180320181306j:plain

 

 こちらカヌレもチョコレート味やコーヒー味、橙味と種類があります!今回は、シンプルで定番なものをいただきました。

 ついでに、カヌレの後ろに写っている紅茶も香りがよく、美味しかったです^^ 今回食べることができなかった ガトーバスク、クッキー、ケーキ、とても気になります…!

 

お店の雰囲気・外装

f:id:asahi-7u:20180320204206j:plain

 

 お店に入ると、焼き立てキッシュが並んでいます!決まったら「これください~」と頼むのですが、めちゃくちゃ悩んでしまって店員さんを待たせてしまった…(笑)だってどれも美味しそうなんだもん!

 

f:id:asahi-7u:20180320204210j:plain

 

 雰囲気も暗めでいい感じ(*‘ω‘ *)

 

f:id:asahi-7u:20180320204221j:plain

f:id:asahi-7u:20180320204217j:plain

 

 外装はお家みたい。

 

f:id:asahi-7u:20180320204213j:plain

 

 店内からの温かいライトや、店員さん、キッシュが並んでいるのが見えるので、とても入りやすい雰囲気のお店でした。キッシュが焼け次第オープンだなんて、オシャレですね。

 私は平日の11時くらいに訪れましたが、既にお客さんがくつろいでいました。お休みの日のお昼はまぁまぁ混むのかな?

 

公式HP

www.206quiche.com

 

場所

JR高松駅玉藻公園を海に沿って南に10分ほど歩くと、廃れた倉庫がたくさん見えます。それが北浜アリー。その中に206はあります。

 

 

まとめ

 キッシュを専門店って初めて見たので、気になって入ってしまいました。店員さんどうしも仲がよさそうで、入りやすくいい雰囲気のお店でした。

 このお店が属する北浜アリーには、カフェ以外に変わった雑貨屋さんがたくさんあるので、ぜひ食事後にお立ち寄りいただきたいところです。晴れた日には海がよく見えるので地元民はもちろん、香川県の観光スポットとして、もう少し有名になってほしい場所の1つです!

 

ではでは、あさひでした~(*^-^*)