あさひん日記

時間も気にせずゆっくりしていってね(*‘∀‘)

私とハリウッド・ドリーム・ザ・ライド

今週のお題「修学旅行の思い出」

f:id:asahi-7u:20180607194301j:plain

 6年前のこと。大音量で流れるGOOD LUCKY!!!!!(グッキー)*1と共に空中に身を投げられる感覚は、今でもよく覚えている。

 

 先日、学校の学外研修で6年ぶりにUSJに行ってきた。まだ一カ月しか話していない友達と行動することが憂鬱で、USJのキャラクターもほとんど知らなくて正直行きたくなかったが、行ってみるとやっぱり楽しいものである。

 さて、憂鬱な気持ちはどこへやら。USJに着くや否やアトラクション好きの私はやっぱり絶叫系に乗ることしか考えておらず、頭の中はハリウッド・ドリーム・ザ・ライドでいっぱいだった。6年前にはなかったザ・フライング・ダイナソーじゃないのかよ!とか突っ込まれそうだが、あれは乗ったら確実に死ぬ。まぁいつか乗りたいね。

 今回乗ったのはハリウッド・ドリーム・ザ・ライドジュラシックパーク・ザ・ライド。この2つを選んだのは、6年前に修学旅行で訪れた時に乗ったからだ。特にハリウッドドリーム・ザ・ライドは、再挑戦したかった。何を再挑戦かというと…目を開けて乗る事、そして手にスタンプを押されないこと…

 

 当時小学6年生だった私は友達とハリウッドドリーム・ザ・ライドの列に並んでいると、急に女の人に腕を掴まれ空いているスペースに連れていかれた。そして身長を測られ、手の甲に青いスタンプを押され、そしてみんなのいる列に戻された。突然の出来事でスタンプを押された時は、何が起こったのか理解できていなかったが、ただ単に身長制限に引っかかりかけただけだった。

 アトラクションに乗る前に想定していない出来事が起こり、じゃっかん動揺したままアトラクションに乗り込んだら、めちゃくちゃ楽しそうな音楽と共にまあまあな高さに連れていかれ…そこからは必死に手すりにつかまり、目をつぶりながら終わるのを待った…ような気がする。

 

 あれから6年。その間にディズニーリゾートの絶叫系は全部乗ったし、山から落ちるようなスキーも経験した。だから今度のハリウッド・ドリーム・ザ・ライドは、しっかり目を開けてUSJを上から見るんだ!…ってことで再挑戦した。が。

 やっぱり浮遊感がすごくて体を空中に投げられそうな感覚はめちゃくちゃ怖くて、正直(こんなアトラクション作ったの誰だよ…!?…てか何でこんな恐怖にさらされながら遠距離恋愛の曲聞かなあかんねん!!(耳元で流れる大阪LOVER byドリカム))って思いながらも、しっかり目を開けてパーク内を見渡すことができた、うん。ただ、怖すぎて叫び声すら出なかったけどね。

 やっぱりアトラクション…特に絶叫系は好きだけど苦手だなぁ(笑)なんて言いながら、バスに乗ったらまた平凡な日々に戻る…USJっていつもそんな感じね、なんて思いながら少し背の伸びた私は学外研修を終えた。

 

【2018年版】サンファソンのかき氷を紹介します!

かき氷

 昨年に引き続き、香川県高松市にあるケーキ屋さん「パティスリー SANS FACON(サンファソン)」のかき氷を試食させていただきました!

サンファソンのかき氷の特徴は、とにかくふわふわなこと!もうとにかくふわふわで、それにサンファソンのスイーツの特徴のひとつである使用する食材の徹底的なこだわりが加わり、もう何とも贅沢なかき氷…。

 さて、そんなサンファソンのかき氷に今年は新たなメニューが加わりました!今年の新メニューは「ティラミスかき氷」と「フロマージュブランのレアチーズかき氷」。早速、紹介していきたいと思います!

 

ティラミスかき氷

f:id:asahi-7u:20180603212715j:plain

 新メニューの1つ!氷の上をエスプーマを使ってふわふわにした生クリームが覆っています!他のかき氷とは見た目も少し違い、ちょっと気になる形をしていますね…^^ メニューを見て、少し小さいのかなと思いましたが、思っていたよりは大きかったです。すっきりしたティラミス味のかき氷なので、ふわふわ感を楽しんでいたらスグにお皿が空っぽになりました(笑)

 エスプーマ生クリームにスプーンを入れると、ふわっとし、少し力を入れるとサクッと新雪に触れるような感覚で氷にたどり着きます。

f:id:asahi-7u:20180603212721j:plain

 そして中には、3つほど「ゆきの実」*1が入っています!ちょっとサプライズ感があっていいね ( ´∀` )

f:id:asahi-7u:20180603212724j:plain

 

フロマージュブランのレアチーズかき氷

f:id:asahi-7u:20180603213052j:plain

 新メニューの1つ!フロマージュブランとは、白いチーズのこと。酸味はヨーグルトよりやさしく、生クリームよりあっさりしているそう。このかき氷は、簡単に言うとレアチーズかき氷なのですが、氷をヨーグルト風味にしているそうで、とてもさっぱりした味わいです!フルーツ系もいいけど、すっきりしたものが欲しい…なんていう夏の暑い日はこれですね(笑)私このかき氷が一番好き!

f:id:asahi-7u:20180603213055j:plain

  フルーツ系に抹茶やティラミス…迷う時はすっきりシンプルかつフルーツも楽しめるいいとこ取りの、このかき氷がオススメ!

f:id:asahi-7u:20180603213059j:plain

 

いちごミルフィーユ氷

f:id:asahi-7u:20180603213924j:plain

 こちら昨年に引き続くかき氷!名前の通り、かき氷の上にはミルフィーユのパリパリが飾られています。このミルフィーユがとても香ばし、またエスプーマ生クリームも乗っているので、シンプルな苺のかき氷より食べ方にバリエーションができ、かき氷とトッピングとの組み合わせを楽しみながら食べることができます!また、ミルフィーユは口の中が冷えてしまった時の口の中のリセットにもいいですね^^

f:id:asahi-7u:20180603213925j:plain

 かき氷の中には、クリームブリュレが入っています!クリームブリュレ×かき氷の組み合わせなんて珍しい…

f:id:asahi-7u:20180603213927j:plain

 

いちごのグラタンかき氷

f:id:asahi-7u:20180603214333j:plain

こちらも昨年からのメニューですね!かき氷なのに表面はバーナーで焼いてしまうという、初めて見たら驚く調理法。氷の上にメレンゲが乗せてあり、その上からバーナーを当て、表面を軽く焦がします。

f:id:asahi-7u:20180603214341j:plain

  メレンゲを表面に塗り…

f:id:asahi-7u:20180603214339j:plain

 専用の赤砂糖を振りかけ…その上からバーナーを当て、表面を焦がす!
f:id:asahi-7u:20180603214335j:plain

  表面は砂糖が解け、固まっているため、スプーンで軽くつついても刺さりません。しかし、表面を通り抜けると、メレンゲとかき氷のふわふわが出てきます。ふわふわと表面のカリカリの違いがなかなか楽しいです!

 また、スキレットのような器に盛り付けてあるので、氷が解けて崩れる心配がなく食べやすいです!

f:id:asahi-7u:20180603230259j:plain

 

 ホワイトチョコとピスタチオのかき氷

f:id:asahi-7u:20180603214428j:plain

こちらも昨年からの引き続きメニュー!これまた特徴的なかき氷です!ピスタチオのかき氷って、見かけないので、ピスタチオに興味がわいたなら、試してみて下さい!ホワイトチョコで優しい感じに甘くほんわかします。しかし、甘いだけではなく、トッピングにラズベリーが乗っているため、食材の味にメリハリができ、かき氷を口に運ぶたびにピスタチオのソースが楽しめます!

f:id:asahi-7u:20180603214431j:plain

 

抹茶白玉あずき氷 和三盆わらびもち添え

f:id:asahi-7u:20180603214538j:plain

 こちらも昨年の途中で追加になってから、引き続きのメニューですね!私抹茶のかき氷を食べるのが初めてだったので、どんな苦さなのかな~氷と一緒だし薄まるかなぁ?なんて思いながら一口めをいただきました。そしてびっくり、しっかりした抹茶の味がする!抹茶って苦いからなんとなく甘さで誤魔化したりとか、あるじゃないですか。そんなのなくて、先日食べた京都の抹茶ソフトの味と同じ抹茶の苦さ!抹茶は九州のものを使用しているそうです。これは抹茶好きにはたまらん!

 また、かき氷のトッピングが本格的なのも魅力的です!わらび餅めっちゃ美味しかったし~~f:id:asahi-7u:20180603214540j:plain

 

2017年のかき氷の感想はこちら

木いちごと自家製練乳のかき氷、宮崎マンゴーかき氷、ホワイトチョコとピスタチオのかき氷については、昨年下記の記事に感想等簡単にまとめているので、是非お読みください!少しずつ内容が変わっていますが、参考にはなると思います。

asahi-7.hateblo.jp

 

まとめ

  今年もたくさんの種類のかき氷が販売されています!そして、一つ一つがかなり豪華!今年は既にサンファソンのカフェのリニューアルオープンに合わせ、かき氷の販売もスタートしています。どれも美味しいし、他のお店にはない味も多く、どれにしようか悩みますね~お気に入りの一品を見つけてくださいね^^

 

ではでは、

あさひでしたー(*´▽`*)

*1:サンファソンの商品の1つ。やわらかい生クリームをとろけるチョコレートで包んである。参考:http://www.kodawarihin.net/category/sansfacon/index.html

初めて煎茶を入れて振る舞いました!

 

f:id:asahi-7u:20180519123730j:plain

 煎茶教室

 今年の4月から煎茶教室に通い始めました。月に2回の10回コースのうち、昨日が3回目の教室となりました。が、前回は授業の関係で参加できなかったので、実質受講は2回目です。

 今まで全く煎茶道の経験はなく、しいて言えば小学校4年生のクラブ活動で茶道教室に1年間参加したくらいです。もう8年も前の話です。正直「抹茶と煎茶…お茶の種類は違うけど、流石にそんなに変わらないだろう」と思っていましたが、全く違いました。だから煎茶に関しては、全くの初心者です。

 

煎茶を振る舞う


【JPCulture Connect】Table Sencha_煎茶道_島村満穂さん

 

 そんな私ですが昨日、煎茶を入れ、他の受講者に振る舞うという貴重な体験をしました!「ポットで何分」とかいう簡単なやつではなく、よく分からないけど、いっぱい急須と器を並べてお茶を入れていくやつです、割とガチ勢!みたいなやつ(説明になっていない)。語彙力不足なので、上記の動画でイメージを掴んでいただければ幸いです( ´∀` )

 振る舞ってみたいという気持ち30%と、初心者だしまだやり方覚えてないしのやりたくない気持ち70%で下座に座っていたのですが、周辺のおばさま方に「今までやったことない人やってみよう!」と半強制的に振る舞う側の席に座らされました。…ということで、お茶を振る舞わざるを得ない状況になってしまいました!(苦笑)

 席に座ったものの、まず何を触っていいのやら…と必死にプリントを読んでいたのですが全く漢字が読めず、「一、茶を呈する挨拶」のセルフも分からず…*1。あたふたしていると、先生と周りのおばさまがほとんどつきっきりで教えてくれました。

感想

 三煎入れるのですが、実は3回とも手順は同じで、所作は覚えてしまえば何でもなさそうなことでした。しかし、茶巾や盆巾の使い方、畳み方、お盆の拭き方など、細かいところが全く理解できませんでした。また教えてもらうことになりそうです…。

 もうね、めちゃくちゃ緊張しました。足で脈を感じるほどに。手もめちゃくちゃ震えてたし…。終わった後はもう脱力。自分の親より年上であろう人達に見つめられ、お茶を入れる…なんて経験は、なかなかできるものではないですね。こうやって若者は、緊張しながらでも年上の人の前でやってみて、失敗して学んで、できるようになっていくもんなんだな、なんて思いました。

 そしてお茶の味は…というと、うーん、初めてだから当たり前だけど下手くそですね。まぁ初めてだからね、仕方ないよね。物を壊さなかったからOKかな…?年配の方が入れたお茶は一煎一煎の味が違って、その度に楽しめるのに、私が入れたら、二煎目と三煎目が混ざった感じ?甘いような苦いような味気ないような…難しいですなぁ。残り数回の教室で、慣れて、試行錯誤までできるようになりたいものですね。

 

ではでは、あさひでした~(*‘ω‘ *)

*1:「一煎差し上げます」…けど三煎なんだよなぁ、よく分からん

ドイツ語を5時間ほど勉強して成長を感じられる!最近色々挑戦してます

 大学生になり、今まで挑戦したことのなかった分野に少しずつ触れることが増えました。簿記にパソコンに文書作成、ドイツ語…どれも、今まで全く触れたことのない分野です。今回は、ドイツ語を5時間ほど勉強した感想、全く無知の分野を勉強することについて感じていることを交えながら、近況報告をしていきたいと思います!

 

まず、ドイツ語を勉強することになるまでの経緯

 ドイツやドイツ語に対して特別興味があったわけではありません。しいて言えば、黒歴史である中二病時代に「かっこいいから」という理由で謎の憧れを持ったり、Twitterで仲良くさせてもらっているキタローさん (@jppommespantzer) ツイキャスでドイツのお話を聞いているうちに、ドイツについてちょっと知りたいなと思ったりした程度です。しかも、当時中学、高校生です。その時は、ドイツ語を勉強するつもりは全くなかったし、勉強する機会があるとも思っていませんでした。

 それから数か月後、大学生になり、選択科目でドイツ語を受講することができることを知りました。入学当初はやる気に満ち溢れていて「受講できる教科は全て受講しよう!」という考えでした。「単位を落としても問題ないものは、とにかくチャレンジしてみりゃいいじゃん!」って。それに加え、時間割作成時どの教科は取らなくてもいいのか分からず、考えるのがめんどくさかったので、全ての教科を時間割にぶち込みました。

 そのせいで、毎週火曜日はみんなが3時間で帰宅するのを見送った後、空きコマの90分間Twitterと課題を往復し、5時間目を受けることになりました。

 

選択者はクラスの1/15だし、みんな意識高いし

 集まったのは、クラスの15分の1の人数で、超少人数でした。しかも、周りの子は最初の授業から意識が高そうな会話をしていました。「高校の時は週6時間英語やってて、大学の英語の授業は物足りなくて」「私将来韓国人と結婚するんだ!」…私がいたら確実に授業スピードを落ちるから、それが申し訳なくて受講するのをやめたくなりましたが、教科書購入済みだったのでもう後には戻れませんでした。

 

ドイツ語はできないけれど…

 入学時の勢いはどこへやら。「絶対みんなに迷惑をかけてしまう…」と毎週のドイツ語の授業が憂鬱です。でもね~、授業自体は楽しいんですよ!担当の先生がイギリスやドイツに住んでいたり、結構旅好きだったりで、私の知らない世界をたくさん話してくれるんです。「異文化おもしれー!」って感じです。これがあるから、外国語の授業は好きなんだよなぁ。英語もドイツ語も全くできないけど。これで言語ができれば、もっと楽しいんだろうなぁ。

 だから最近は、授業の前日に教科書についているCDを聞いて先週の授業を思い出してから授業を受けるようにしたり、授業中は必死に単語の読み方を書いたり、積極的にしゃべったりするようにしています。なかなか頑張っていると思います!←

 あ、英語よりはドイツ語の方が頭に入ってくる…(英語ダメダメなので)

 

たった5時間ですら、成長を感じる!

 たった5時間、されど5時間。文法とか難しいことはやってないからできないけれど、自己紹介は少しできるようになりました。毎朝のNHKラジオ講座のドイツ語も、少し意味が分かります!なかなかの成長では?!…なんて!(笑)

 ドイツ語だけでなく、日商簿記やWordも少しできるようになりました。あと、趣味で煎茶も始めました!w 毎日新しいことをどんどん詰め込まれ、成長している(無理やりにでもさせられている?)ような状況です。だからと言って、死ぬほど忙しいわけでもなく…いい感じ( ´∀` )

 ブログを書く時間、ツイキャスの回数、Twitterに滞在している時間が減ってしまって、最近インターネットのお友達と交流することが減ってしまっているけれど、やらないといけないことがある時期って私の人生では少ないだろうし、まぁたまにはいいかな~みたいな(?)

 さてさて、来月には受験するつもりのなかった秘書検定準1級とビジネス文書検定を控えております。またブログの更新頻度が落ちるなぁ、しかたないね(・へ・) みんなのブログ更新を楽しみに毎日お勉強するよ!

 

 ではでは、ドイツ語のことを混ぜながらの近況報告でした!

ガラケーを人前で使うのが恥ずかしい? いや、むしろカッコいいでしょ…( ・´ー・`)

私が感じてきたガラケーに対する周りからの扱い

 ガラケーを使ってきて早十数年…。携帯を持つのは学年一早かっただろうし、そしてまた、学年一長くガラケーを愛用しているのも私だろう。

 現在は、ガラケーと契約していないアンドロイドの2台持ちで、ガラケーは携帯電話、スマホは小さなパソコンとして使っているが、メインはガラケーである。そして妹も私と同じ状況なのだが、妹はそれが恥ずかしいらしい。*1私は、会社携帯とプライベート携帯を使い分けるサラリーマンのようでむしろかっこいいと思っており、たまに机に2台を自慢するかのごとく、そっと置いておくことがあるほどなのだが、やはり中高生というのは周りと同じようにしておきたい年頃なんだろうか。妹は、ガラケーを隠すように使っている。

 しかし、ガラケーが笑われる時代はもう過ぎた。「まだガラケーなの?」と若干見下し交じりに言われていたあの一言も、3年前に消えた。時代が変わったのか、ガラケーを使っている人がほとんどいなくなり、ガラケーに希少価値が付き始めたからなのかは分からないが。

 そして今は、世の中に存在する多種多様な端末機器、ガジェットの中から自分に合ったものをチョイスし、自分らしく上手く使いこなす時代だと感じる。少し前までは何の知識もない素人も全力で新しいものに飛びつき、一世代に世代古い機種を見て謎の優越感に浸っていた感があったが、最近はそんな雰囲気を感じない。

スマホを持っているのが当たり前?

 先月、母と大型ショッピングセンターにブラウスを買いに行った時「メルマガ登録をすると初回のみ20%オフになる」とレジの店員さんが母に言った。しかし、母はガラケーを使っているため「登録するのに時間がかかるからしない」と断った。すると、レジの店員は私を見てきた。「あなたは当然スマホを持っているよね?」と言わんばかりの顔に、かなりイラっときた。

 結果として、外ではインターネットが使えないため断ったのだが、その出来事から、一般人にとってスマートフォンを契約し外出先でインターネットが使えるのはもはや当たり前であり、また、何の疑いもなく自分以外の他人もそうであると思い込んでいる、ということを思い出した。

 確かにスマホ…というかインターネットに接続できる機械を持っていない人や、外でインターネットを使えない人は少数派だが、しかし世の中には私以外にもそういう立場の人は、いないことはないはずだ。必要がないのだから買わないのは当然、というのが私の立場からの言い分である。

スマホもいいが、ガラケーもいいぞ

 最近ではスマートフォンの多機能さに疲れ、ガラケーに機種を変更する人もいるくらいだ。その理由として、「携帯料金を安くしたい」「機能が多すぎて使いこなせない」などがあるが、個人的には「スマホに費やす時間を減らしたい」というのが、ガラケーに変える一番大きなメリットだと思う。LINEはショートメールと違って、必要なことを連絡するだけでなく会話もするため、必然的にスマホを使う時間は長くなってしまうし、Twitterは何故か時間が溶けていく。

 ならば、LINEやTwitterをできなくしてしまえばいいじゃないか…という訳だ。さすがに、完全に使わなくするというのは生活に支障が出るかもしれないが、外出先では使わない…くらいなら、適度にインターネットから離れられていいのではないだろうか。因みにガラケーをさわる頻度は、1日1回程度で、久しぶりに電源を入れたら電池が切れていた…なんてこともあるほどだ。連絡の頻度は、むしろそのくらいの方がちょうどいいのでは…(笑)

さいごに

 …と、こんな話をすると、完全にスマートフォン反対派のように聞こえるかもしれないが、私はお家では長時間インターネットに浸っているようなタイプである。だからこそ、外出先でまでインターネットが使えるとまずいのだ。一日中、LINEやTwitter、ネットサーフィンをしかねない。そんな生活になると何がまずいか、というと「成績」である。だから、お家とfreeWi-Fiがあるスポットでしかインターネットが使えない、少し不便で便利な今の生活はそれなりに気に入っているのだ。だから私は、周りの子に「まだガラケーなの?」と馬鹿にされようが、LINEのグループにリアルタイムでついていけなかろうが、今日も電車でドヤ顔でショートメールの返信をする。ガラケーは無駄なくスマートで、かっこいいんだから!

*1:iPhoneじゃないことすらも恥ずかしいらしい