読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさひん日記

高校生の趣味ブログ。1日1記事目標。時間も気にせずゆっくりしていってね(*‘∀‘)

友チョコなんか存在しなきゃいいのに。女子の下心丸見えだから

イベント

今日はバレンタインですね

私にとって、一年で一番憂鬱なイベントです。

もしかしたら彼女さんがいない方にとっても、なんだか気が沈むようなイベントかもしれませんが。

 

今回は「女子から男子へ」ではなく「女子から女子へ」の友チョコについて、私が思うことを書いていきたいと思います。

 

 

そもそも友チョコとは

分からない方のために。

バレンタインデーに、女性が同性の友人などに贈るチョコレート。

友チョコ(トモチョコ)とは - コトバンク

 

贈りあって、結局交換になるんだけどね。

 

 さて、本題に入りましょう。

 

 友チョコなんか存在しなきゃいいのに

私、思うんですよ。

こんな煩わしい行事なんてなくなればいい、友チョコなんていらない。

楽しんでお菓子を作って、純粋な気持ちで友達にプレゼントしている人なんてクラスに何人いるんだろう。

もしかしたら…いないかもしれませんね!

 

私は友チョコ交換は、女子独特の性格の悪さたらたらなイベントと化している気がします。

 

「バレンタインだから作る」「あげたい人がいるからついでに大量生産」

この辺りはまだイベントの一環として作っているから、そんなに思うことはありません。

しかし「私お菓子作れますよ的な女子力アピール」「このショボいプレゼントのお返しを期待してる」

この辺りになると、もう貰いたくなくなります。下心丸見え。

というか、くれる時の表情、普段の態度を見てたら、どんな気持ちで作ってくれたかなんてだいたい想像できるじゃないですか。

 

「そんなプレゼント、いらねぇ!」…なんて言えませんから、オーバーリアクションで喜ぶふりをするわけですが。

 

ニッコニコのこの上ない笑顔を一瞬で作る女の子、怖いね!…ひぃ

 

お友達料

言い方が悪いですが、仲良くない人からの友チョコは「お友達料」の可能性があります。

「別に仲良くないけど同じグループにいるし、もし私が一人になっちゃった時は仲良くしてね」

そんな意味が込められているようで、あまり仲良くない人から貰う友チョコは少し怖いです。

 

食べるのも恐る恐る…ひぃ

 

お返しをしないと恨まれる

一番面倒なタイプが「お返し目当ての友チョコ

お返しを返さなければ、バレンタインデーが来るたびにネチネチ「お返しくれなかった」と裏で言われるわけです。

私にそんなことを愚痴言っていた人がいるので、一定数いるはずです。

 

「お返しがない」といいそうな人には、バレンタインが済んで売り切れたスーパーの割引チョコを渡したらいいと思います^^

 

なぜこんなことを思ったか

ぼーっと妄想をしていたら、あんまり仲良くないクラスで二番目に嫌いな子が友チョコをくれました。

その子に「これ、倒したらいかんよ」と言われたのにも関わらず、持ち運び中に落としてしまいましたが、何とも思いませんでした。

自分にとって嬉しい物じゃなかったんだなって思いました。

それがこの記事を書こうと思ったきっかけです。

 

えっ、貰えるだけマシ?

気持ちのこもっていないものでも欲しいですか

 

代わりに花を贈ってはどうか

余談。

いつか忘れたけどテレビでやってた

「男性から女性への花束のプレゼント」

 

ヨーロッパなどでは、男性も女性も、花などの贈り物を、恋人や親しい人に贈って、愛や感謝の気持ちを伝え合う日と考えられています。

引用:花キューピットタウン

 

これにならって、女子同士も花を贈ったらいいと思いました。

買いやすすぎるお菓子を交換することによって、渡す相手が増え、お返しを期待するような人が増えるならば、少し高いが一人一人に対して気持ちがこもる花の方がよさそう…と考えていたけれど、毎年そんなことしてたら花がなくなりそうだからやめた方がいいかもしれないな…うーむ。

 

まとめ

友チョコは女子同士で送りあうもの」という前提でこの記事を書きましたが、男同士で贈りあっても何ら問題はありません。

むしろ清々しい…かも

 

さて、この記事を読んだだけなら(友チョコってこんな思いで作ってるんだ…)と少し引いてしまったかもしれません。

しかし今回上げたのは「下心丸見え系女子(適当)」の友チョコに対する思いであって、皆がみんなこんな気持ちで友チョコを作っている訳ではありませんよ!

 

素直にお菓子作りを楽しみ、「あなたにあげたい!」と思って友チョコをくれる人もいます。

その友チョコは、素直に受け取ってくださいね^^

そしてその人を大事にしてくださいな。 

 

 

ではでは、

あさひでした(●´ω`●)

札幌元祖ラーメン横丁「天鳳」に行ってきた!

旅行 イベント 食レポ

 修学旅行三日目は札幌自由散策。

「夕食は自由食」ということで…札幌ラーメン食べてきたよ!

 

 

~ 目次~

 

 

 

f:id:asahi-7u:20170130180806j:plain

 

 

 ラーメン屋選び

札幌には元祖ラーメン横丁と新ラーメン横丁があり、この店はこんな特徴がある。

そんな食レポ記事をいくつかは読んではいたのだが…

結論から言うと、ラーメン屋がありすぎてどこに入ったらいいのか分からなかった!汗

 

 

一緒に行動していたにゅん*1と暫くあたふたしていると…

通りかかったおじさんが声をかけてくれた!

 

 

おじさん

「修学旅行生?ラーメン食べに来たの?いい店教えてあげようか!おじさん札幌に30年住んでるんだけど…(中略)」

「札幌ラーメンを食べようと思って…」

おじさん

「おじさんね、札幌ラーメン大嫌いなんだよ」

私たち

「えっ…Σ(・□・;)?!?」

おじさん

「北海道には大きく三つラーメンの種類があるでしょ?旭川の醤油ラーメン、札幌の味噌ラーメン、函館の塩ラーメン。この中でおじさんは旭川ラーメンが断トツで好きなの。」

私たち

「ほ、ほう…それでこの横丁ならどこがオススメですか?」

おじさん

「このラーメン横丁なら…(中略)おじさんはあの赤い看板「天鳳」の旭川ラーメンをよく食べるかなぁ」

私たち

「ありがとうございます!!」

 

ってことで、赤い看板が目印の天鳳に決定!

 

 

因みに、あたふた一番の原因はシャッターが半分しまってるのに営業していたこと

うどん屋でシャッターが半分しまってるの、見たことないよ? Byうどん県民

 

 

 

正油ラーメン

f:id:asahi-7u:20170130180822j:plain

 

お待ちかね、おじさんオススメの「旭川の醤油ラーメン」

 

「めっちゃシンプルだな!」ってのが第一印象。

ラーメンスープの匂いもきつくない。

具材もメンマ、チャーシュー、ネギとオーソドックス。

 

 こだわりの濃厚豚骨スープは、ドラム缶サイズの特注鍋で一気に仕込むため、作り足しは一切なし。そのため、特有の臭みがなく豚骨が苦手な人でも食べやすく仕上がっています。引用:元祖さっぽろラーメン横丁公式サイト

 

ほんと、スープに特有の臭みがないのよ!

だから、スープだけでも飲みやすかった。

 

 

f:id:asahi-7u:20170130180839j:plain

 

麺を持ち上げた瞬間思った。

「麺太いなぁ!?」

 

麺だけ見たら、煮込むタイプなのかと思いました。

でもね、これがまた沢山のスープと絡んでおいしいのよ。

麺の表面積が大きいほどおいしい気がする。

 

 

そして残ったスープとネギの合うこと!!

最後まで楽しめました!

 

 

 

みそラーメン

f:id:asahi-7u:20170130180829j:plain

にゅんが注文したのは「札幌のみそラーメン」

 

ちょっと味見させてもらったけど、醤油ラーメンと全く味が違う!

いや、当り前なんだけど、ここまで違うとは思っていなかった。

こってり系かと思いきや、まさかのあっさり系…!

 

みそラーメンも美味しいぞ!

 

 

 

天鳳」について

f:id:asahi-7u:20170130200518j:plain

目印はおじさんの言っていた「赤い看板」

元祖ラーメン横丁に入ったら、すぐ分かると思います。

 

後で知ったのですが、ドラム缶サイズの特注鍋でラーメンを仕込んでいるそう。

だから、正式なお店の名前は「ドラムカンスープ 天鳳」です。

 

公式サイト:ドラムカンスープ 天鳳|元祖さっぽろラーメン横丁

 

 

メニュー

f:id:asahi-7u:20170130180901j:plain

急いで撮ったので雑になってしまいました。

大盛やご飯も頼めるようです!

 

その他

店主さんがとても接客上手な方で、ラーメンができるまで色々お話しました。

北海道のオススメ修学旅行コースとか、地元のこととか。

対面して話せるカウンターっていいよね。

 

そして、熱すぎず冷めすぎずの最適な温度。

出来立てなのに、猫舌の私でもすぐ食べられる。

料理人って凄いよね!

 

 

あとシールくれた!☆彡

 

f:id:asahi-7u:20170205070742j:plain

 

感想

北海道に来て海鮮を食べないことを後悔していたけれど…ラーメンいいね!

ラーメンのお店に行ったのも何年振りかで、新鮮でした。

普段行きなれているうどん屋とは全く違う雰囲気。

同じ麺類の店でもここまで変わるって不思議だなぁ。

 

個人的にまた行きたいです。

雰囲気が特に気に入りました…(*‘ω‘ *)

 

 

 

ではでは、

あさひでした!

 

 

*1:私のリア友であり、ブログもやってる数少ない友達

支笏湖氷濤まつり2017に行ってきた!

イベント 写真

f:id:asahi-7u:20170209182806j:plain

 

氷濤まつり

修学旅行最終日、北海道のお天気はあいにく雨混ざりの雪。

北海道って言っても広いですよね、千歳市ですw

 

そんな中、「氷濤(ひょうとう)まつり」に行きました。

因みにお祭り開催初日!

 

今回は写真メインの記事です。

では、ごゆっくりどうぞ~♪

 

 

 

氷濤まつり公式HP:支笏湖氷濤まつり

 

 

f:id:asahi-7u:20170209183119j:plain

 

-1℃。

マイナスなのにそんなに寒くない、というのが正直な感想。

北海道の寒さは、空気が冷たい!って感じ。

香川とはまた違う寒さ。

香川はね~さっぶー!って…!

伝われぇーw

 

先生曰く、香川の方が体感温度は寒いんだって。

 

 

f:id:asahi-7u:20170209183142j:plain

 

氷柱が沢山出来てる!

香川では見られない風景だ…

珍しがって、皆一生懸命、氷柱の写真撮ってた~^^

 

北海道民にそんなところ見られたら笑われそうw

 

 

f:id:asahi-7u:20170209183147j:plain

 

氷が薄いところは外の光が少しだけ透ける。

因みに氷の色は加工してないのよ^^

 

この綺麗な水色は「支笏湖ブルー」っていうらしい。

支笏湖の水が綺麗だから、湖の水を凍らせたらこの色が出るんだって。

バスガイドさんが強調して何回も言ってた!

自慢なんだろうなぁ…(*‘ω‘ *)

 

 

f:id:asahi-7u:20170209183154j:plain

 

完全に異世界やー!

氷の世界ー!

 

首折れそうなほど上向いて、360度回転しました… (笑)

 

 

f:id:asahi-7u:20170209183204j:plain

 

雪で滑らないように、氷の地面に滑り止めを設置していました。

スタッフの方、こんな寒い中ご苦労様です…(゜o゜)!

 

 

f:id:asahi-7u:20170209183214j:plain

 

カメラのレンズに雪が…!汗

向こう側に見えているのは海ではなく、支笏湖です。

大きすぎる!

 

因みに支笏湖は、凍らない湖(不凍湖)と言われています。

大きく深いから湖の深いところはなかなか冷えず、凍る温度になる前に春が来るそう。

これまたバスガイドさん情報w

 

参考:第21話 凍る湖と凍らない湖

 

 

f:id:asahi-7u:20170209183223j:plain

 

天気が悪かったから、駆け足でバスの中へ…サムッ

 

 

感想

天気が良かったら、支笏湖ブルーがもっと綺麗に見えたかもしれない!

駆け足×初めて×修学旅行でイベントや夜の景色が見れなかったり、ゆっくりできなかったのが残念だな…。

次行く機会があれば、他の景色も見てみたいー!!

 

 

 

 アイヌ民族資料館

 

頭痛くて写真あまり撮れなかった…(;´∀`)

 

f:id:asahi-7u:20170205072239j:plain

 

北海道犬「ゆめちゃん」が資料館内にいました。

実は、ソフトバンクのCMに出ている「お父さん」の娘だそう!

 

 

f:id:asahi-7u:20170205072310j:plain

 

 資料館に入ったら、まるでアイヌに来たよう。

挨拶もアイヌ語

「イランカラプテ~」

 

伝統的な歌、踊りを披露してくださいました。

進行の方のトークも面白かった。

なんか発表したら非売品シール貰ってたよ! w

 


アイヌ民族博物館(冬こそ白老)

 

 

アイヌ民族資料館公式HP:アイヌ民族博物館

 

 

 

ではでは、

あさひでした~(●´ω`●)

12月の振り返りと2017年にむけて (2016.12/1~12/31)

振り返り 今週のお題、お題スロット

今週のお題「2017年にやりたいこと」

 

 f:id:asahi-7u:20161229155410p:plain

 

□ ◆目次◆□

  • 2016年の振り返りと2017年にやりたいこと、目標
    • ブログ
    • テニス
    • 進路
    • 旅行
    •  自分自身
  • 12月の振り返り
  • 1月の目標とこれから
    • やり残したこと
    • 小豆島遠征、冬季の大会(テニス)
    • 漢字検定秘書検定、模試
    • 修学旅行、初スキー
  • まとめ

 

 

2016年の振り返りと2017年にやりたいこと、目標

この1年、どんな年でしたか?

簡単に振り返ってみましょう!!

 

続きを読む

高松冬の祭り最終章。こども達の目の輝きを大切に…

うどん県 イベント 写真

12月25日で「高松冬のまつり(通称冬の祭り)」が終わってしまった。

 

今年2016年第30回を迎えた冬の祭りは、今では高松の冬の風物詩となっている。

そんな祭りが今年、最終章を迎え幕を閉じた。

 

続きを読む