あさひん日記

高校生の趣味ブログ。時間も気にせずゆっくりしていってね(*‘∀‘)

時間がたって固くなっちゃったポンデリングはオーブンで焼いてみよう!

ドーナツといえばミスド!

ミスドといえばポン・デ・リング!

 

ポンデリングは、今ではもうドーナツの代表です。

飾らない味で、もっちもちの食感がたまりませんよね!

誰しも一度は食べたことがある…はず。

 

今回は、固くなっちゃったポンデリングのお話です。

 

 

 

ポンデリングがカチカチ…

先日祖母の家にお泊りに行ってきました。

その帰りに祖母が「バスの中で食べな~」と、ミスドのドーナツ(ポンデリング2つともう1種)を持たせてくれました。

 

 

バスは飲食は軽食はOKなものの、私は小心者なので、静かな車内で紙袋をガサゴソしてドーナツの甘い香りを充満させる勇気なんてありません。

結局バスでドーナツを食べることなく、紙袋の中で5時間ほど放置となってしまいました。

 

5時間も経つと、流石にもっちりふわふわなポンデリングもカチカチです。

家に着いたごろには、少し力を入れないと潰れないくらい固くなっていました。

 

ここでポンデリングがささやく

カチカチのポンデリングをどうにか、再びふわふわに戻せないものか…。

電子レンジでチンしちゃうと、多分ふにゃふにゃになっちゃうんですよね。

かといって揚げなおすのも面倒…。

 

するとポンデリングがささやきます。

 

「私をオーブンに…っ!」

 

 

オーブンで焼いたら…こ、これは!

f:id:asahi-7u:20170815144620j:plain

 

焼いてみたら、揚げたてとはまた違った食感に…これは…やばい…!

 

揚げたてはとにかくもっちもちでふわっふわなんだけど、オーブンで焼いたら外はサクッとして中もっちりになりました!

おばあちゃんがくれたのがきな粉と黒糖だったのですが、きな粉の方はきな粉の香ばしさがアップし、黒糖の方は砂糖がいい具合に溶けて食べるとふわっと黒糖独特の香りがする…(´-`*)

 

オーブンで焼いただけでここまでおいしくなると思ってなかったので、びっくりしましたよほんと!

ハニーとかでやってみたらどうなるんでしょうね~気になります^^

 

まとめ

もし時間がたってドーナツが固くなっちゃったら、やってみてください!

いや、もう揚げたてではなくなった時点で家でオーブンに入れましょう!

 

ではでは、

あさひでした (/・ω・)/

検定を通してわかった、一食分を作る大変さ

「食物調理技術検定」という検定の1級を今年の7月に受験し、合格しました。

その検定練習がかなり大変で、一食分の食事を作る大変さを実感しました。

 

 

 

食物調理技術検定1級とは

まず、「食物調理技術検定1級」の内容を簡単に紹介しますね。

この検定は主に高校生向けで、一般的な検定試験や資格ではありません。

 

筆記と実技に分かれており、実技は課題の調理法(例:ねじ梅(にんじんを梅の形に切ったもの)とベシャメルソース(ホワイトシチューのもとの味なしバージョン))を含めたフルコース一人前(オードブル、スープ、サラダ、メイン、デザート)の献立を自分で考えておき、それを90分間で作るというものです。

 

 

この検定で大変だったこと

検定内容で一番きつかったのは「1人前の献立」というところです。

「フルコースを90分で作る」ことも大変でしたが、これは練習すればできます。

 

しかし、1人前ってかなり大変だし、とにかく面倒くさい

 

 

一人前って誤魔化しがきかない

普段食事を作る時は家族の人数分作るので、一品ごとの全体量もそこそこ多いのですが、1人分って作るのが難しいんですよね。

ソースを作るにしても、ワインのアルコールを飛ばそうとしただけなのに思った以上にソースが蒸発しちゃったり、塩を少し入れすぎただけなのにスープが食べられないくらい辛くなっちゃったり。

もし4人分の量のスープに少し塩を入れすぎちゃっても、4人がちょっと辛いかな?くらいで済むのにね。

 

誤魔化しがきかないというか、「ちょっと」がちょっとじゃなくなるというか。

 

 

 

同じ料理をずっと食べ続けるとか苦痛すぎ

一人前を作る人って、一人暮らしの人くらいですかね?

一人前を作るのは難しいし、毎食作るなんて面倒すぎてやってらんねーぜっ!って人が多いと思います。

どうしても「一人前だけ」は作れない料理とかありますし。

 

…となると、それなりの量(少なくとも一人前以上)を作ることになります。

作る…出来てしまう、と表現した方が正しいかもしれませんね。

その出来てしまった料理は、もちろん捨てるわけにはいかないので、冷凍で保存するか、次の食事の時に食べることになります。

 

 

カレーを作りました。

夕食もカレー、朝食もカレー、昼食もカレー、たまにはカレーうどん、あくる日もカレー…

 

1週間ずっとカレー…

 

 

カレーパンマンになっちゃいます。

 

 

もし一人前で作ったとしても…

もし一人前で料理をしたら、材料がかなり余ります。

コンソメスープを作ろうと思って野菜を買ってきたとしても、実際に使うのはほんの数グラムなのです。

1、2グラムです、ほんと。

 

その野菜は冷蔵庫などで保存しますが、やっぱりだんだん腐っていきます。

腐らせるわけにはいかないので、前の食事と同じ材料で違う品を作ることになります。

 

それって味受けが違うだけで、前の食事と食べてるものは同じなんですよ。

 

 

 

1人暮らしで自炊はきついわ

なら、インスタント食品やカップ麺やお惣菜を買ってこればいい…。

そうなっちゃいますよね。

 

でもさ、やっぱりカレーでも、手作りカレーが食べたくなる時ってあるじゃないですか。

あと、お惣菜でも好みや味付けが家庭によって違うじゃないですか。

 

最近は一食分の材料をお届けしてくれるサービスもありますが、あれはあれで一食三品分の材料で、作るのが大変です。

きっとかなりの料理好きじゃないと無理でしょう。

1カ月続いたら凄いと思いますよ。

私なら2日でやめます!”

 

 

まとめ

話が脱線した部分もありましたが、とにかく検定練習で一食分を作るということが大変だったんです。

料理が得意なおばあちゃんも「1人になったらやっぱり料理しなくなるんよ」って言ってました。

家族とか同居者がいたら、その人のために頑張って作ろうと思えますが、自分だけのために…ってのはなかなか難しいものです。

自分だけならインスタントでもカップ麺でも適当な外食でも、なんでもよくなっちゃいますよね。

 

1人暮らしの方に「規則正しい食生活を…」なんて言えなくなりました。

余裕があれば、良質なタンパク質と野菜を取ることを頭の片隅に置いて、食事をしてほしいなって思います。

 

そうそう、運動と瞑想と睡眠と野菜350g…ってやつですね!

 

 

ではでは、

あさひでした~(*'ω'*)

なぜ私は母にこんなにも頻繁に怒られるのか、が少し分かった。自分に「いいね!」ができるようになる本より

前書き

夏休みに入ってからというもの、母に毎日怒られています。

 

まず朝起きて立ち上がろうとした瞬間「さっさと動けぇー!(怒」

スマホを見ていたら「取り上げるぞー!(怒

入浴中なら「風呂の時間が長いー!(怒

 

ってねw

その一言で終わればいいのですが、大抵その後にはグチグチ嫌味などを言われます。

私が反発したり正論を返せば、また怒ります。

 

私は思うのです。

母は怒りすぎなのではないか、と。

 

 

私は劣等生で気もきかないダメダメな子なので、週に何回か怒るのはしょうがないと思います。

ここ最近は頻繁にブログを更新しているため、PCに向かう時間は必然的に長くなっているし、部活を引退してからは暇を持て余しスマホを見る頻度も高くなったし、私が外に出ないからストレスも溜まるだろうし。

 

それにしても怒りすぎです。

私だけではなく、父や妹にも怒ってますからね。

きっと、世間一般的なお母さんの30倍くらい怒ってると思います。

一般とか普通がどれくらいなのか分かりませんが、普通ではない、異常だということは分かります。

 

 

なぜ母はこんなにも怒るのか…。

そしてなぜ私はこんなにも怒られるのか…。

 

そんな時、『自分に「いいね!」ができるようになる本』を図書館で見つけました。

 

 

 

 

『自分に「いいね!」ができるようになる本』のあらすじ

f:id:asahi-7u:20170809223650j:plain

 

『自分に「いいね!」ができるようになる本』の簡単なあらすじを紹介します。

 

この本は臨床心理士の方が書いていて、読んでいるとカウンセリングをしているような感覚になります。

 

登場人物の3人の女性は、それぞれに特徴的な「心のクセ」を持っています。

「心のクセ」とは、小さいころから何度も繰り返してきた1番出やすい感情のことです。

この3人を例に上げながら、「心のクセ」を治すにはどうしたらよいか、が綴られています。

 

 

 「怒りっぽい陽子さん」が母にピッタリ…

3人のうちの1人、「怒りっぽい陽子さん」が母と全く同じ性格で、陽子さんは「子供の立場から見た母」ではなく、「私(という人)の立場から見た母(という人)」の姿でした。

 

本の中に、陽子さんの家族が出かけるシーンがあります。

お出かけが楽しかったので、日帰りで帰る予定でしたが、「一泊して明日も遊ぼう」と提案しました。

しかし夫が、明日は自宅での仕事をしたいから「今日は帰ろう」と言い、陽子さんの案に賛成しませんでした。

 

そこで陽子さんの心のクセが出てしまいます。

「あなたは自分の都合ばかり押し付けてくるよね!」

 

本の筆者は「思い通りに物事が進まない時には激情的に反応し、何かを責める」という行動パターン(心のクセ)と表しています。

 

(でもこれ、責めれられる側からしたらただ相手は怒ってるだけだから…。)

 

図書館でこの本を開き、陽子さんを見た瞬間「私の母と同じ思考回路だ!」と思いました。

 

 

「怒り」が「心のクセ」?

この本を読むまで「心にクセがある」という発想がありませんでした。

「心のクセ」…確かに自分にもあります。

私はマイナス思考で被害妄想とかたまに投射とか…。

 

そして母の「心のクセ」は「怒り」。

母の学生時代の友人関係の話を聴く限り、あらかた間違っていないと思います。

 

 

もしかして母は、毎回しっかりした理由があって怒っているわけではなく「心のクセ」で怒ってしまっている…?

 

私が100%悪い(怒りの原因)というわけではなさそうですよ…!

 

 

対策

相手の心のクセが分かれば、私は対策(クセを出させないようにすること)が出来ます。

もちろんこの本の最終目標である「クセを治すこと」ができればいいのですが、治せるのは本人だけであり、他人はどうすることもできません。

だから私の場合母を怒らせたくなければ、母の思い通りの行動をすればよいのです。

 

しませんけどね (/・ω・)/

 

 

まとめ

この本は、心のクセを治すことが最終目的なのですが、私は人には「心のクセ」というものがある、ということを知ることができただけで満足してしまいました…笑

 

さて「なぜ私は母にこんなにも頻繁に怒られるのか」という問いですが、それは「怒る」ことが母の心のクセだから、という答えが出ました。

冒頭でも言いましたが、私がダメダメな子だから怒るというのもありますが、今回はそういうしっかりと理由のある説教的な「怒り」は除きますね。

 

 

怒られる立場の私がいうと、まるで説得力がない!

残念!…

 

 

ではでは、

あさひでした~(/・ω・)/

讃岐時間ってなんだ?うどん県のおもしろ話を紹介!

f:id:asahi-7u:20170807124000j:plain

引用:香川県観光協会公式サイト - うどん県旅ネット

 

 

地域の言い伝えや方言、文化ってとても興味深いですよね。

私の住んでいる香川県にも、いろんな言い伝えや方言があります。

 

今日は讃岐、香川県のお話。

 

香川県にも数々の心霊スポットや親切な青鬼さんのお話など、ちょっと怖い話からクスッと笑えるようなものまで沢山の言い伝えがあります。

その中でも私が最近、親戚から聞いたのが「讃岐時間」というもの。

これは香川県民でも知らない人が多いのではないでしょうか?

 

この「讃岐時間」なかなか面白いんですよ!

 

では、解説いきましょう!

 

 

「讃岐時間」ってなんだ?

※地域によって使い方が違う場合もありますが、そこはご容赦くださいね。

 

簡単に言えば「待ち合わせ時間に家を出発する」というもので、待ち合わせの時に使われるそうです。

 

例えば「清掃をするから9時に公園に集合」という話になっているとすれば、9時頃に家を出発し、9時30分くらいに到着するということです。

公園に集まる全員が讃岐時間で動いているので、誰も9時には公園に来ません。

待ち合わせの数十分後にちらほら集まり、全員集まるまでは世間話や準備をしていて、皆が集まったら清掃開始となります。

 

現代「讃岐時間」で動くとひどい目に遭います

「待ち合わせ時間に家を出発する」なんて、一般的に考えたらふざけてますよね。

昨日東京に住んでいる子に話したら「そんな子即LINEブロックやな」って言われました。

ごもっともです。

 

 

「讃岐時間」が現代にかけて消えていった理由は、現代の生活に適応していないからでしょう。

 

友達との待ち合わせなど個人的な約束は、相手が怒るくらいで収まるかもしれませんが、仕事で讃岐時間を適用してしまうと首です。

最近は「10分前行動」でも遅いと言われる時代ですからね。

だから集合時間に出発なんて、もっての外、論外なわけです。

 

そんな訳で「讃岐時間」は、どんどん消えていきました。

私の考察です。

 

今と昔では人々の行動、時間の使い方は違いますし、日々未来に向かって進化し続けていますのでね。

横断歩道を渡るのもセカセカ、シャキシャキなわけです。

 

まとめ

この記事で「讃岐時間」という単語を初めて知った、という方がほとんどだと思います。

今ではもうほとんど使われていない言葉ですが、今と昔の人の時間感覚の差に違いがありすぎて面白いですね!

 

地域によって違った文化があり、そして将来消えてしまうものも沢山あると思います。

あなたの身近にも、おもしろい伝説や言い伝えがあるかもしれませんね!

 

 

ではでは、

あさひでした~(/・ω・)/

 

 

こちらもどうぞっ☆

 

asahi-7.hateblo.jp

 

小豆島の「オリーブビーチ」は素敵で快適な海水浴場だった!

オリーブビーチについて

f:id:asahi-7u:20170805193222j:plain

 

うどん県の本土を飛び出し、小豆島に行ってきました!

小豆島といえばオリーブやそうめんが有名で食べ物の方に目が行きがちなのですが、瀬戸内海に浮かぶ島の1つなので、どこに行っても見晴らしがよく景色がいいんですよね!

そんな小豆島の海水浴場の1つ「オリーブビーチ」がとても気に入ったので、紹介します!

 

 

海の透明度

 去年海水浴で訪れた「女木島」の海水浴場には劣る透明度で、海の中で自分の足は見えませんでした。

しかし決して濁っていて汚いというわけではなく、泳ぐには全く問題なく綺麗な海で、安心して海水浴を楽しめます!

魚やクラゲは全くおらず、海藻はたまに足に当たり気になりましたが、その辺り(環境)は女木島の海水浴場に勝っていると感じました。

時期によって透明度、海藻の量、クラゲの有無に多少の差はあると思いますが、海水浴を楽しむのに問題ないくらいだと思います。

 

こちらもどうぞっ☆

asahi-7.hateblo.jp

 

 

混み具合

8月4日(金)に行きました。

少なすぎず、多すぎず、ちょうどいいくらいの込み具合でした!

小豆島内に何か所か海水浴場があるから、人が分散したから?

平日だからでしょうか?

 

 

気温、水温

海水浴に行った日は快晴で、午後からは少し雲が出てきました。

気温は最高35℃だったと思います。

砂浜はほとんど風が吹いていなかったので、 海から上がっても寒いと思うことはありませんでした。

しかし、長時間海に入っているとちょっと体が冷えてきました。

海水温が上がっていない午前中や太陽が出ていない日は「寒い」と感じるかもしれませんね。

 

また快晴の日はとにかく直射日光が強いので、日焼け止めやサングラス、ラッシュガードを忘れず持っていくように…!

パラソルやテントを借りることもできます。

砂浜に自動販売機もありました。

熱中症対策も怠らないように気を付けてくださいね!

 

 

年齢層、グループ

家族連れが多い印象でした。

それなりに浜が広いので、小さい子と大学生が一緒になっても遊んでいてもお互い気を付けていれば接触することは少なく、怪我などをすることはないでしょう。

 

海に慣れない小さい子供も安心して遊ばせることができ、また大学生の大人数のグループである程度はしゃいでも迷惑にはならず、のびのびと遊べます!

誰かがバナナボートに乗ったら、みんな眺めて楽しんでいるような穏やかな雰囲気で過ごしやすかったです^^

 

 

海の家「サザンモースト」がめちゃくちゃ親切!

f:id:asahi-7u:20170805212810j:plain

 

海水浴場に入り左の一番奥にある「サザンモースト」という海の家。

この海の家の方がとても親切で、料金設定も安くよかったです!

他の海の家と比べ、たくさんの人が利用しており、人気が一目瞭然でした ( ´艸`笑)

 

バナナボートなどのマリンスポーツが楽しめることが、他の海の家と大きく違うところです。

1つの大学生グループが乗り出すと、次々と他のグループが乗りたがるほどスリルがあり、楽しそうでした!

中には振り落とされる人も…!

 

うきわはサイズを問わず100円でした。

使用中に友達のうきわが破れるという事故があり焦りましたが、お店の人に言ったら「他の好きなの取りな~」と優しく対応してくれました。

うきわが破れることって、よくあることなんでしょうか…( ´∀`; )

 

そしてシャワーが100円、更衣室が100円でした。

私は海水浴の後は帰るだけだったので、シャワーだけ借りて近くのお手洗いで着替えを済ませました。

シャワー室はコの字の囲いだけだったので、着替えるのは危ないと思います…。

 

また海の家の裏に足洗い場が設置してあり、歩くとどうしてもサンダルに砂が上がってしまうのでありがたかったです^^

 

 

位置的特徴

f:id:asahi-7u:20170805223457j:plain

 

海水浴場から歩いていける距離に「オリーブ公園」があり、海水浴と公園だけで1日楽しめました。

オリーブ公園にはギリシャ風車があり、広々とした穏やかな景色で和めます。

また「魔法のほうき」の無料レンタルがあり、「魔女の宅急便」の主人公キキになれます (^^♪

どうやら映画「魔女の宅急便」の撮影で使われた場所のようですね!

参考:魔法のほうき★レンタル中! – オリーブ公園 ブログ

 

 

オリーブ公園に行くには少し急な坂を上がらないといけないので、海水浴の前がいいと思います。

 

また近くには朝日が綺麗に見える「地蔵埼灯台」や「二十四の瞳映画村」があるので、小豆島で泊まるならぜひ行ってほしいスポットですね!

この周辺だけでも時間が足りないくらいの観光地があります^^

 

 

小豆島観光案内 

f:id:asahi-7u:20170806000229j:plain

 

海水浴場の周辺地域に限らず、至る所に観光センターや案内書、FreeWi-Fiを使用できる施設があります。

そしてパンフレットの数も充実しており、行った先で困りません。

だから行き当たりばったりの旅、しっかり計画していく旅のどちらでも楽しめると思います!

中四国にお住まいなら、気分転換にふら~っと訪れるのもいいですね~

 

また、施設内にはオリーブの栽培の歴史や小豆島のことについて書いてあり、知識を深めることもできます。

検定なんかもあるらしい…( ´∀` ?)

 

 

まとめ

小豆島最大の海水浴場だということで海水浴に選んだのですが、思った以上に設備が充実しており、環境も良かったのでとても気に入りました!

また海の家の人の対応もよく、安心した海水浴を楽しめました~

総合的に見たら、香川県で1番の海水浴場なのではないでしょうか?

 

 香川県で海水浴をお考えの際には、ぜひ小豆島の海「オリーブビーチ」に行ってみてください!

充実した時間を送ることが出来るでしょう…☆

 

 

交通手段

小豆島までは船で移動し、そこからは路線バスに乗るという形で移動しました。

土庄港からはバス(坂手線、南廻り福田線、田ノ浦映画村線のどれか)でオリーブ公園口まで行くと、海は目の前です!

30分ほどで着きます。

 位置的には、草壁港からが1番近いんですね~

 

バスはどこまで行っても最高300円で、気兼ねなく島の向こう側まで足を延ばせます!

ICカード「イルカ」も使えました (^^♪